30代ファッション

【30代】大人の男こそ!春の『ビッグシルエット』メンズファッションコーデ3選!

30代ビッグシルエット記事アイキャッチ

肩に力の入っていない、いい意味で脱力感のある男性は、同性から見てもカッコいいです。

どこか抜けているんだけど、やるときはやる。

歌手に例えると、奥田民生さんや山崎まさよしさん。
そんな雰囲気を、ファッションで作ることができます。

それが『ビッグシルエット』です。

今回は、30代メンズに向けた、大人の『ビッグシルエット』コーディネートを紹介していきます。

小物の使い方が秀逸!アースカラーの洋服で作るナチュラルスタイル

出典元:wear

まずはじめに紹介するのは、スウェットにカーゴパンツを合わせたナチュナルスタイルです。
この画像のスタイルのポイントは2つ、洋服の色と小物使いの巧さです。

洋服の色は濃いベージュとカーキのアースカラーで目に優しくリラックスした雰囲気が醸し出されます。
この組み合わせにレザーシューズやブーツでは、いかにもなコーディネートで面白みがありません。
画像のスタイルのように、白のハイテクスニーカーを合わせることで、足元にポイントが作れます。

更に帽子も、自然体な雰囲気にマッチしたものを組み合わせています。

初心者がこのスタイルを取り入れるなら、靴に慎重になってください。
女性の間で「ダッドスニーカー」を言われている一見ダサいスニーカーをファッションに不慣れな30代が履いたら、ダサいだけです。

ボトムのワイドシルエットをGジャンで引き締めたスタイル

Gジャン+ボーダーT+カーゴパンツ出典元:Pinterest

次に紹介するのは、ボトムが超ワイドシルエットのスタイルです。

『ワイドシルエット』とはいっても、全身の全アイテムがゆったりしたシルエットではありません。
小物では表現できないので論外ですが、ポンチョのような非常に大きな羽織1点でワイドシルエットを表現することは十分可能です。

この画像のスタイルでは、ボトムのゆったりしたシルエットをトップスで引き締めてAラインを作っています。
Aラインとは裾に向かって広がっているように見えるファッションのスタイルの一つです。

Gジャン+ボーダーTシャツ+カーゴパンツと、定番カジュアルアイテムですが、シルエットの作り方次第で他の人とはひと味もふた味も違うオシャレが可能です。

上級者向け。柄パンツ+ハイテクスニーカーで作る『ビッグシルエット』

出典元:wear

最後に紹介するのは、かなり難易度の高いビッグシルエットコーディネートです。
黒のひざ丈アウターにストライプパンツという組み合わせだけで初心者は避けて通りたいところを、あえて挑戦するという時以外は別のアイテムか探したいのかもしれまsん。

まとめ

ここまで30代メンズに向けた、『ビッグシルエット』コーディネートを紹介してきました。

大人のビッグシルエットは、10代や20代のように、モード感は求めません。

「普段着でリラックスしているんだけど、カッコいい。」
目指すべきはこの感覚、雰囲気です。

今回の記事が、読んでいただいた方のファッションの参考になれば幸いです。