20代ファッション

【20代】ニットカーディガンを中心にした春のメンズファッションコーデ

春は朝晩が肌寒く、逆に日中暑い時があります。
その点を踏まえた、春アウターとして便利な条件は3つあります。

1.防寒性があること
2.軽いこと
3.携帯性があること

その3つを兼ね備えていて、なおかつオシャレ感を出せるアウターの一つとして「ニットカーディガン」が挙げられます。

今回は20代に向けた、ニットカーディガンをメインにしたコーディネートを紹介していきます。

カーディガン初心者のメンズには、モノトーン+シャツコーデを入り口にすればOK!

出典元:Pinterest

最初に紹介するのは、初心者向けのカーディガンスタイルです。
ニットカーデに何を合わせればいいのか分からない人にオススメのトップスはシャツです。
カーディガンの素材に関係なく、シャツの素材は綿または綿ポリエステル混紡のものがカジュアルな着こなしには最適です。

ボトムはチノパンツでもジーンズでも構いませんが、非常に色落ちしたジーンズではラフになり過ぎてしまうので注意です。
画像のスタイルのように、カーディガンとボトムを黒、シャツを白という組み合わせが他のアイテムとの相性もよく着回ししやすいアイテムとなります。

細身でもゆったりでもない、ジャストサイズのIラインで作るリラックススタイル。

出典元:Pinterest

次に紹介するのは体型をあまり選ばないベーシックなスタイルです。
首が詰まっているTシャツと装飾のないシンプルなカーディガン。
ボトムはストレートシルエットで若干ゆとりがあるものをチョイスしてください。

注意してほしいのは色です。
最初に紹介したスタイルのようなモノトーンであれば間違いはありません。
しかし、カーキや明るい色の組み合わせになると、難易度が若干上がります。
色使いにあまり自身のない人は、ボトムを暗い色、トップスを明るい色に限定すると失敗することは無いでしょう。

黒カーディガン+白Tシャツに黒テーパードパンツで、モードな雰囲気を作れるのは中級者の証。

出典元:wear

次に紹介するのは、モード感のある着こなしです。
黒カーディガンに白Tシャツ、黒のパンツと”普通”のアイテムですが、ポイントはそのデザインです。
中の白Tシャツは、若干明きの大きな丸首もしくは横に長いボートネックが最適です。

ボトムは裾に向かって細くなっているテーパドシルエットで丈の短いものをチョイスしてスッキリとした印象をもたせます。
足元にはドレスシューズがもしくはローカットできれいなレザースニーカーがおすすめです。

ひざ丈のロングカーディガンにスリムジーンズをあわせて着こなせたら、立派な上級者です。

出典元:wear

最後に紹介するのは、上級者向けのコーディネートです。
コーディネートの中心となるカーディガンはロング丈のもの。
このアイテムをおしゃれに着こなすことができればファッション上級者と言えるでしょう。

このスタイルのポイントはカーディガンの丈です。
長すぎると野暮ったいため、丈は長くてもひざ丈までにすることが重要です。

そしてカーディガンとボトムの色を合わせると全身が縦に長く伸びて見えるので、
背が低い人でもロングカーディガンをおしゃれに着こなすことができます。

まとめ

ここまで20代メンズ向けの、春のニットカーディガンコーデを紹介してきました。

ニットカーディガンが優れている点は冒頭に上げたとおり3つあります。

1.防寒性(暖かい)がある
2.軽い
3.携帯性がある

今回の記事が読んでいただいた方のファッションの参考になれば幸いです。